複数行の数式と番号付け

今回も次のパッケージを利用します。

\usepackage{amsmath}
\usepackage{amssymb}

1行の数式に番号を振る

equation を用います。

例.

\begin{equation}
   x^2=1
\end{equation}

実行結果.

\begin{equation} x^2=1 \tag{1} \label{eq1} \end{equation}

この番号は、自動的に割り当てられます。例えば、もう一つ equation を利用する際は番号が(2)となります。

この番号「\ref{eq1}」を参照する際は、まず

\begin{equation}
   x^2=1 \label{eq1}
\end{equation}

のようにラベルを設定してから、

\ref{eq1}

として参照します。ただし、丸カッコがつくことはなく、数字だけが表示されます。したがって、

(\ref{eq1})

の形で利用することが多いです。

ただ、いちいち丸カッコをつけるのも面倒ですので、かわりに

\eqref{eq1}

を利用するのがおすすめです(自動的に丸カッコがつきます.)

複数行の数式 (align)

align(アライン)は英語の意味としては整列させるという意味です。

利用法. 揃えたいところで「&」記号を書きます。

例.

\begin{align}
  (x+1)^2 &= (x+1)(x+1) \\
          &= x^2+2x+1   
\end{align}

実行結果.

\begin{align} (x+1)^2 &= (x+1)(x+1) \tag{1}\\ &= x^2+2x+1 \tag{2} \end{align}

このように align では、番号が勝手に割り当てられます。それを回避するには align* を用います。

また部分的に番号を削除するには、その行に

\notag
を用います。

複数行の数式に一つだけ番号をふる

split を用います。

\begin{equation}
  \begin{split}
    (x+1)^2 &= (x+1)(x+1) \\
            &= x^2+2x+1
  \end{split}
\end{equation}

これで中央に番号が振られます。

複数個所を指定してそろえる(alignat)

例.

\begin{alignat}{2}
  (x+1)^2 &= (x+1)(x+1)& \quad &\text{(2乗の定義)} \\
          &= x^2+2x+1  &       &\text{(展開)}
\end{alignat}

実行結果.

\begin{alignat}{2} (x+1)^2 &= (x+1)(x+1)& \quad &\text{(2乗の定義)} \\ &= x^2+2x+1 & &\text{(展開)} \end{alignat}

注意. 奇数番目の&がそろえる位置です。偶数番目の&は区切りの意味しかありませんので、偶数番目の&の位置ではそろいません。

alignat{2}の2ですが、これは揃える位置の個数(=奇数番目の&の個数)を設定すれば良いようです。