基本的な図形

前回の記事で、直線や折れ線の書き方を扱った。 三角形や四角形など一般に多角形は、折れ線で表現することができるし、 円や放物線などの「曲線」も折れ線を細かくつなぐことでやはり表現することは可能である。 しかし、いくつかの標準的な図形については、専用の命令を利用することで効率的に作成できる。

注:以下の出力結果は、SVGという異なる技術で作成していることもあるので、正確でないこともあり得ます。 特にサイズは全く一致しません。

長方形

\draw (x1,y1) rectangle (x2,y2);

の形で使用する。(x1,y1)は左下の頂点の座標、(x2,y2)は右上の頂点の座標を意味する。

\begin{tikzpicture}
    \draw (0,0) rectangle (3,2);
\end{tikzpicture}
(0,0) (3,2)

長方形の片側

\draw (x1,y1) -| (x2,y2);

として(x1,y1) から出発し、右に水平に (x2,y1) まで移動して、そこから垂直に (x2,y2) まで至る線分つまり

\draw (x1,y1) -- (x2,y1) -- (x2,y2);

をあらわすことができる。

\begin{tikzpicture}
    \draw (0,0) -| (2,1);
\end{tikzpicture}
(0,0) (2,1)

「-|」では水平移動が先だったが「|-」にすると垂直移動が先に行われる。

\begin{tikzpicture}
    \draw (0,0) |- (2,1);
\end{tikzpicture}
(0,0) (2,1)

\draw (x,y) circle [radius=r];

の形で使用する。(x,y)は円の中心座標、r は半径を意味する。

\begin{tikzpicture}
    \draw (1,2) circle [radius=1];
\end{tikzpicture}

楕円

\draw (x,y) circle [x radius=r1, y radius=r2];

の形で使用する。(x,y)は楕円の中心座標、r1 は横方向の半径、r2は縦方向の半径を意味する。

\begin{tikzpicture}
    \draw (1,2) circle [x radius=1,y radius=1.2];
\end{tikzpicture}

rotate を指定して回転させることもできる。

\begin{tikzpicture}
    \draw (1,2) circle [x radius=1,y radius=1.2,rotate="30"];
\end{tikzpicture}

正多角形

極形式を用いると簡単に作成できる。閉曲線の場合、最後は cycle を使用して曲線を閉じることができる。

例1. 正5角形. 一番下の水平線 (0,0) -- (0:1) から始めて、72度ずつ回転させた線をつなげていく.

\begin{tikzpicture}
    \draw (0,0) -- (0:1) -- ++(72:1) -- ++(144:1) 
    -- ++(216:1) -- cycle;
\end{tikzpicture}

例2. 正6角形. 一番下の水平線 (0,0) -- (0:1) から始めて、60 度ずつ回転させた線をつなげていく.

\begin{tikzpicture}
    \draw (0,0) -- (0:1) -- ++(60:1) -- ++(120:1) 
    -- ++(180:1) -- ++(240:1) -- cycle ;
\end{tikzpicture}