便利なショートカットキー

次のものは非常に便利にもかかわらず、もしかするとその機能の存在さえ気づきにくいものかもしれません。

Alt + ↑ 入力履歴の呼び出し
Ctrl + Space コマンド補完
Ctrl + Shift + k 引数付きコマンド補完 (Tabで移動)

注:コマンド補完に対応していないものもあるようです。

例1.

「integ」まで入力して「Ctrl + Space」を押すと、入力候補が6種類ほどあらわれます。

例2.

「integ」まで入力して「Ctrl + Shift + k 」を押すと、入力候補が5種類ほどあらわれます。

それらの候補の中で

integrate(<expr>, <x>)

を選択すると

integrate(<expr>, <x>)が入力され、その後にカーソルが置かれますが、 「Tab」キーで、最初の引数にカーソルを移動させることができます。2番目以降の引数へも同様に「Tab」で移動できます。