「駒損しない将棋」のルールと対局例

「駒損しない」ルールの変則将棋について考えます。

ルール

基本的には通常の将棋のルールですが、

とった駒は相手の駒台に置く。

という変更を行います。

このルールでは、自分の駒はずっと自分の駒で、相手の駒はずっと相手の駒のままであるということになります。 したがって、駒損や駒得という概念がなくなり、将棋そのものが劇的に変わります。

対局例

駒損しないので、思い切った手が指せますが、一方で、何を目的に指せばよいのか指針を定めるのが難しいです。